安い自動車保険を見極めるランキング

アクサダイレクト・アクサ・SBI損保・セゾン自動車火災・三井ダイレクト・ソニー損保 アメリカンホームダイレクト・三井住友海上・東京海上日動・損保ジャパン チューリッヒ・NTTイフ・nttif/
安い自動車保険が簡単にわかります。

他社の保険料がその場で比較できるので大変有利です。

安い自動車保険の一括比較は、簡単

まず、保険証券と車検証を用意します。運転者の情報や車の情報、補償内容を確認

保険会社により異なりますが、保険料は10秒程度で一覧表示されます。
安い自動車保険は法人営業用の車は、見積もりできません。

自動車保険の選び方

一口に自動車保険といっても、世の中には本当にたくさんの保険会社と保険のプランがあります。
これが、自動車保険はどれも同じだと思っていると、大きな損をします。
自動車保険は、各保険会社が過去の自動車事故とそれに対して支払った保険料の膨大な統計によって、対象者の年齢性別などの属性と自動車の乗り方(レジャー用、業務用、そして1年の走行距離)などののデータをベースに、ある確率論で、(保険会社が損をしないように)保険料の算定を行っています。

したがって、会社によって統計の内容とどこに重きを置くかが違うので、全く同じ人が保険を申し込んでも保険料は大きく違ってくるのです。
したがって、保険に入るときには、自分にとってはどの保険会社に加入するのが1番安くて1番使い勝手がいいのか、考える必要があります。
そのために、どうしても必要な方法が、インターネットでの「自動車保険一括見積り」なのです。
GOOGLEなどで「自動車保険 見積もり」で検索するとたくさんできてきます。

もちろん当サイトでも、後悔しない保険の見直しができる自動車保険一括見積りをおすすめしています。
このサイトで、車種、年式、運転者の属性、乗り方などを入力すると、5~10社くらいから、1年間の保険料の見積もりがメールで届きます。
しかし、ここでそれだけ見て契約してはいけません。
この一括見積では、細かい付加サービスや付帯保険が決められないのです。

それを選んだり外したりすることで、保険料はさらに上がったり下がったりします。
そこで、一括見積りできた保険会社のうち安いことをの3社くらいを選らんで、今度はその会社のサイトへ行って改めて見積もりをとります。
先に書いた付帯保険などをここで細かく選んで見積もってください。
そうすると、本当に自分に合った保険の中で一番安い保険会社が見つかります、
そこで初めて加入する段階に入るのです。
この方法で私は今までずいぶん安く保険に入ってきました。ぜひ試してください。

自動車保険の一括見積もり

先日、中古ですが初めて車を購入しました。
それにともなって、自動車保険に加入しようと思ったのですが、今まで車を購入したことがなかった為、全くと言っていいほど知識がありませんでした。
ネットで調べてみると、たくさんの保険会社があり、料金も様々。
検索すればする度にどの保険会社が自分に合っていて、料金もお得なのかが分からなくなりました。
散々悩んで、お手上げ状態になった私は、自動車保険の一括見積もりを利用してみました。
利用したのは、車の年式や車種、自分の年齢などを記入すると20社以上に見積もりを出してもらえるという内容でした。
メールで分かりやすく説明されていて、全て同じ条件で見積もりを出しているので、料金の比較も一目瞭然でした。
自分なりに厳選した結果、2社に絞ることができ、気になった細かい疑問は2社に直接電話をして解決。
最終的には自分で保険会社を選び、保険内容を決めることができました。
自分で運転する車だからこそ、納得して自動車保険に加入したいですよね。
私のように今まで車を購入したことがなかったり、自動車保険に関しての知識も持っていないな、という方は一度一括見積もりを利用してみるのもいいかもしれません。

自動車保険の決め方

自動車に乗る人は自賠責保険に加入することになります。
しかし、自賠責保険だけだと補償が足りない場合があるので、任意の自動車保険に加入する必要があります。
自動車で事故を起こしてしまえば、大きな車の損害や人身傷害、賠償問題となることがあります。

場合によっては数千万から億単位の金額が発生することもあります。
万が一に備えて任意の自動車保険に加入しておくことが大切です。

自動車保険を扱う会社は沢山あります。

どの保険を選択すればよいか悩みます。

自動車保険には大きく分けて対面型の保険と通販型の保険があります。

対面型は実際に店舗などに行って保険の担当者と面とむかって手続きをします。

直接人と会ったり店舗に足を運ぶのは手間ですが、初心者にとっては安心できる契約方法です。
自動車に乗ったばかりの人や、保険に対する知識が無い人にとっては、どのような補償が良いかわからないことが多いです。

保険の担当者から説明をうけたり、相談をしたりすることができるので、その人にあった保険を提供してくれます。
自動車保険は事故後の対応がきちんとされるほうが良いので、担当者の人柄などを見て判断することができます。
通販型については自宅にいながら、ネットなどを通じて加入手続きができるので、手間
がかからず加入ができます。

人件費がかからないので保険料も割安です。
注意が必要なのは、自分の判断で加入ができてしまうので、保険に対する知識が少ない人にとっては、本当に必要な補償を適切に選択できない場合があります。

自己判断できちんと選択ができることが大切です。

自動車保険を決める際には、対面型か通販型かどちらが自分にとって良いのか決める必要があります。
できるだけ複数の保険を見積もりし、比較することも重要です。
複数比較することで、自分にもっとも適した保険が見えてきます。

自動車保険『外資系』の場合

保険の自由化に伴い様々な保険商品がある昨今、それは自動車保険(損害保険)も同じであります。
昔は自動車保険は付き合いのある人間に任せると言うのが多かった中、インターネットで手続きを済ませられ必要以上に付き合いをしなくて済む外資系に加入者が増えているのは時代なのでしょうか…。

私は以前生命保険会社に勤めており、損害保険も扱っていました。
その頃はまだ外資系がそんなに大きくCM等でも宣伝もしていないにも関わらず『外資系に変えようと思っている』との多くの声。

先日同僚の父の損害保険も免許はゴールドだし事故もした事もないとの事で長年の付き合いがあった損害保険会社から外資系に変えたとの事。
嘘みたいな話ですが本当の話でその1ヶ月後にコンビニの駐車場で車を当てられた、と。

どこの損害保険会社でも不正は許されないのだけれど、今まで付き合いのあった人から言わせれば自分が担当していれば事故の割合も不正ではなくきちんと交渉するように全力を尽くしたと言う。
確かに私が勤めていた時も損害保険の請求があれば『よろしくお願いします』と一文添えていました。

そんな一社員の一言でどうにかなるものではないのだけれど、気持ちの問題ではないでしょうか?

『事故で怪我はなかったですか?』
私のお客様はそのやり取りが嬉しかったから、と辞めた今でも外資系には切り替えずに続けてくれていると聞きます。

保険料だけで選ぶのではなく、付き合いも選択肢に入れてみては如何でしょうか?
我が家は主人の付き合いで東京海上に加入しています。
代々の付き合いなのできっと今後も付き合いは続くでしょう。
それも私は気に入っています。

自動車保険の自賠責保険

自動車損害賠償責任保険は、強制加入で、加入の義務があります。補償は被害者への補償確保のためのものです。被害者への人身損害、つまり人身事故に対して(障害・死亡・後遺症の補償)のみ支払われ、物損の補償はありません。死亡の最高限度額は3000万円、後遺障害4000万円です。

任意保険

任意保険の加入は自由です。補償の範囲は、対人・対物・搭乗者・車両損害・無保険車傷害・自損事故など、自賠責保険で補てんできない部分を補てんするための保険です。物損事故の場合、自賠責は対象外ですが、任意保険の場合は契約すれば、支払いが適用されます。

自動車の交通事故のときに備えて、保険かけて安心

保険をかけていてよかったと思えたのは、実際に事故を起こした後でした。自宅から一直線で走る道路でカーブはしていませんが、前方不注意で前の車の後方にぶつかりました。といっても、スピードがでていなかったため、まず傷害などは考えられない状態でした。 前の車からドライバーの少々恐もてのおおぶり男が降りてきて、道路の脇に一旦寄せることになりました。「いまあたったな。保険は入ってるな。」、「わし、そういうの詳しいから、今から病院に行ってくる。免許証見せて。」と言ってきました。 こういうときには自動車損害保険に入っていてよかったと思います。もし入っていなかったら、あの男が病院代でいくら要求するかわかりません。けっこうな額が毎月保険会社から相手の男に支払われました。

自動車保険に加入することの意外なメリット

私が加入した自動車保険は、車を購入したディーラーで薦められたもので、大手の保険会社のものです。

初めての車購入ということもあり、特にネットやなにかで比較もせず、いわれるがままに加入しました。その営業マンをそれだけ信頼していたということでもありますが。

実際に車をぶつけたことはないのですが、故障して動かなくなってしまったことがありまいた。

オプションをつけていたおかげで、現場まで、保険会社に手配してもらったレッカー車をよこしてもらえたことは大変ありがたかったです。

動かないことが分かってからレッカー車を待つ間、心細い気持ちでいたのですが、保険会社の迅速な手配のおかげで、安心しました。
やはり、いざというときに、安心して頼れる相手と契約していることって、保険のメリットだよなあ、と強く感じました。

なお、この保険を販売してくれたディーラーの営業マンが、その後、メーカーの関連会社(別ブランド)のお店に移動してしまいました。

車の買い替えなどについて相談することはもうありませんが、保険の担当は替わらないようで、契約約款変更のときなどに連絡をもらい懐かしく話ができていて、私にとっての保険加入の隠れたメリットです。

自動車保険で押さえておきたい保障

自動車保険は掛け捨てです。そしてほとんど事故をしたことがなければ、自分が入っている保険がどんなものなのか分からないままの方も多いでしょう。
車を買ったところで、言われるがまま入った。保険代理店に任せてあるので、どこの損保に入っているかも知らない。
そんな方も多いかもしれません。
事故をしてはじめて、自分の入っている保険の内容が分かる方も多いでしょう。
過剰な特約をつけていて、実際には必要の無いのもたくさんあります。
ですので、無駄を省くために、これだけは入っておきたいもの。
他人に迷惑をかけないために、対人・対物保険には無制限で入っておくべきです。こうしておけば、どんな大事故を起こしても、刑事的責任はおいておいも、賠償だけは保険でまかなえます。
そんなに大事故をするはずが無いと思っていると、コンビニにアクセルとブレーキを間違えて突っ込んで、1000万の損害を出してしまったということもあります。
最低限必要なものはこれだけです。対物対人無制限に入っておけば、人様にご迷惑を金銭的におかけすることはなくなります。
次に、自分のことになります。事故は常に加害者・被害者どちらにもなりえます。
被害者になったとしても、加害者が満足な保険に入っておらず、賠償能力が無いという時に、では自分の保険でと言うことになります。
それが車両保険になります。加害者被害者どちらになったとしても、入っておけば使えます。逆には入っていなければ泣き寝入りということになりますが、自分のことはいいから、何とかするから、と言う方には経費削減しやすいところです。
あとは人身傷害保険。これも自分が事故をしたときに頼りになる保険です。仕事ができなくなった保障もされます。交通事故は大きな怪我も負いやすいので、これも入っておくと無難です。
一通り入っておけば、あとは過剰な特約はそんなに必要は無いです。これだけは押さえておく、それだけあれば、いざという時に何とでもなります。

自動車保険の加入方法は代理店型と通販型

お車をお持ちの方はみなさん自動車保険に加入されていると思いますが、どうやって保険会社に加入しますか?
自動車保険は代理を通して加入する代理店型と、インターネット等を通して直接加入する通販型の2種類あります。

どちらの加入方法にもメリットとデメリットがありますのでまとめてみました。

■代理店型

・メリット
自動車保険の専門的な事に詳しい代理店の人に、自分の希望通りの保険を選んでもらえます。
自動車保険を検討する時間が取れない、忙しい人に向いています。
万が一事故やトラブルがあっても、代理店が保険会社との間に入ってくれるので安心です。
面倒な保険会社との手続きなどは代理店がしてくれますし、分からない事も何でも相談できます。

・デメリット
代理店が取り扱っている保険会社にしか入れないので、選択肢が狭くなります。
代理店を通して加入するので、直接申し込む通販型よりも保険料が高くなります。

■通販型

・メリット
ダイレクト保険とも言われますが、メリットは何といってもその安さです。
自動車保険のある程度の知識なら、インターネットで調べればだいたい分かります。
何が必要で何が不必要か、自分で判断できるなら安い方が良いに決まっています。
毎年更新の度に保険を見直す事もできますし、よりサービスの良い保険会社に乗り換えもできます。

・デメリット
自動車保険の加入の手続きすべてを自分で行わないといけません。
ちゃんとした知識を持たずに契約して、事故が起こったときに保険でまかなえないといった事にならないよう注意が必要です。
万が一事故やトラブルがあったら、自分で保険会社とやり取りしなければなりません。
通販型の保険会社の中には、対応が悪いところもありますので、口コミなども調べたほうがいいですね。

通販型に乗り換え

おおまかには上記のような違いがあります。
最近はテレビCMなどで通販型の保険会社をよく見るようになり、身近な存在になりつつあります。
実際通販型に乗り換えたという人も多いです。
しかし、安さにつられて契約したが、事故をしたときに保険が使えなかったりすると本末転倒です。
不安があるようなら加入前にフリーダイヤルなどでしっかり確認しておきましょう。

ひとつのポイントとして、通販型を選ぶ時はロードサービスを付帯した方がいいです。
ロードサービスは基本的には365日24時間対応しています。
事故で車が自走できない時や出先で車が動かなくなったり、バッテリーが上がってしまったり、パンクしてしまったり、
突然のトラブルの時にとても便利です。

自動車保険の意外な保障

自動車保険に入っていました。その保険の付属保証に、意外な保障がついていたのです。
ひったくりにあいました。
犯人は後ろからバイクで、私のパックを奪おうとしたものの、バックが腕に絡まり、引きずられる状態になってしまいました。
引きずられたせいでできたケガは、意外に重傷で、通院を余儀なくされました。
その時に、入っていた保険に交通事故の補償も付いていたので、
相手がバイクで、こちらがけがをしたという状態だったので、
犯人が捕まる可能性が低い事件でしたが、
交通事故扱いを受け、通院代、通院の交通費、などでることに、
のちに犯人が捕まり、この代金は犯人から徴収することになったそうですが、
犯人がつかまりにくいひったくり事件の被害者になったのが、自動車保険の付属保証で自分が守られているとは、本当におどろきました。
その上、私が犯人とのやり取りがあり、確認事項を弁護士さんに頼まないといけない時に、やはり保険に付づいしていた事項のおかげで、弁護士相談はその保険で賄っていただけました。
使うことはあるかないかと言われれば使わない方がいいのですが、旨く付属の保証があると、助かる場面に出くわします。

自動車保険の加入・見直しならディラー系が丁寧親切?

自動車保険の一括見積もりをしたことがありますか?

自動車保険はインターネットの普及も相まってネット・外資系の保険加入者が非常に増えてきていると思います。
価格のみで見比べると確かに保険料が安くなっているようです。(保険等級や事故歴で左右されるそうですが)
ただ私の親族が自動車ディラーで営業マンをしているものがいますが、こういった言葉をよく耳にします。
「ネットや外資の保険は事故の小さなものは非常に対応が早くていいんだけど、大きな事故や修理金額が10万円を超えた途端
対応が急に変わって話しがすすみにくくお客さんに迷惑がよくかかるケースが増えているんだよね」
保険会社のアジャスター(事故の度合い等を確認して事故金額等を決める)のレベルが大手保険会社よりも劣るようです。
その点、自動車ディーラーは大手保険会社からほとんどがディラー特級等の資格を受けて募集・運営等の代理店運営をしていますので
営業マンも保険研修等を定期的に受講したりする観点から素早い対応で動いてくれます。
さらにディーラーからすれば保険のみならず通常業務においてもお客様になりますから定期的に連絡がくるので、通知義務違反なども件数が少なく
やりっぱなしにはなりにくいので特に主婦の方やご高齢の方、車・保険の知識に乏しい方には絶対オススメです。
価格がやすい事はすごくメリットではありますが『保険』という金融商品の性質上相手の顔が分かることも非常に重要だと思うので
是非とも検討課題にいれていただきたいと思います。
当然、ディラーなどは新規保険者の獲得に力を入れていますので親切・丁寧に話をしてくれるでしょうし事故した場合にも
自社完備工場で直ぐに受付対応してくれます。修理は当然順番ですが事故受付から修理完了についてまで営業マンがフォローしてくれます。
保険内容などもネットなどでやると全て自分の目で確かめて問題がないこと自己責任のもと契約ですが、担当営業がいますと利用頻度などに応じて
保険料の見直しを初め、等級落ちも説明してくれますから安直に保険を使わず修理したほうがお得などの説明もあります。